「職場結合性うつ病」って知ってますか?

 

ネットサーフィンしてたら「職場結合性うつ病」ってキーワードが目に飛び込んで

来ました。

うつ病経験者のおでんとしては、気になるキーワードです。

で、見つけた記事がこれ。
↓↓↓
「ブラック企業」の台頭とうつ病(西多 昌規) – 個人 – Yahoo!ニュース
http://bylines.news.yahoo.co.jp/nishidamasaki/20130617-00025715/

 

この中で、ちょっと驚いたのは「日本の大企業には、労働基準法を軽く見ている会社が

少なくないようです。日本においては、就職人気企業の実に約6割が、過労死基準を超える

労働時間というのです。」ってところです。

記事によると

”就職人気企業225社のうち60.8%にあたる137社が、国の過労死基準を超える

時間外労働を命じることができる労使協定を締結していることが、労働局に対する文書開示

請求によって明らかとなった。1年間で見た場合の時間外労働時間ワースト1は、大日本

印刷(1920時間)、2位が任天堂(1600時間)、3位がソニーとニコン(1500時間)

だった。労使一体となって社員を死ぬまで働かせる仕組みが、大半の企業でまかりとおって

いることが改めてはっきりした。人気企業の時間外労働の上限が網羅的に明らかになったの

は今回がはじめて。”

だそうです。

凄いですね!!

うすうすは感じてましたが、日本の企業は労働者よりも利益確保が一番大事ってこと

ですよね。

以前、ブラック企業について書きましたが、こうしてみると日本のほとんどの企業が

ブラック企業じゃないかって思います。

———————————————————————————————-
【以前、おでんが書いてブラック企業関連の記事】

ブラック企業の公表でブラック企業問題は解決するのか? | おでんの戯言
http://takao-lucky.ddo.jp/news/1090/

「ブラック企業」と呼ばれる会社の実態を知ってますか? | おでんの戯言
http://takao-lucky.ddo.jp/news/1075/

———————————————————————————————-

これでいいんですかね~~、いや良くないでしょう。

この結果が、自殺大国日本じゃないですか!

うつ病など精神疾患の患者も急増!

 

現代は、時間に支配されています。コンピュータやネットの発達で、どこにいても

スピーディに結果や報告がなされます。息つく暇が、まったくありません。

また、会社を離れることは出来ても、携帯電話やメールにから離れることはできません。

会社から、電話やメールが携帯に来るってことは、誰しも経験があるのではないで

しょうか?

タバコ一服の休憩も、職場での禁煙の励行によりなくなりつつあります。

ほんと、息つく暇もないですよね。

記事によると「普通のまじめなはたらく人が、仕事が過重となり心身が疲弊した末にうつ病

を発症するケースが、近年著しく増加してきています。」とあります。

職場の仕事に結合したうつ病が「職場結合性うつ病」だそうです。

詳細は記事を読んでみてください。職場結合性うつ病チェックリストってのがありますので

気になる方は、チェックしてみてください。

 

まじめにコツコツも重要ですが、心と体のバランスを考えて、息抜きやさぼりも必要って

事ですね。

カリカリ、イライラせずにおおらかに行きましょう!!

 

 

— PR —————————————————————————————
卓球の全日本選手が知っていて、一般の人が知らないこととは?
↓↓↓↓↓
卓球 遊澤 亮 驚異の卓球上達法

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

出会いを求めるならここ!

このページの先頭へ