猛暑だとアイスクリームが売れない!!

今年の夏は例年以上に暑いですよね。

まだ、7月なのに猛暑日が続いています。

昨日(7/23)、福岡市内で37度を記録、宮崎では38度を記録してます。

ほんと暑いです(+_+)

実は気温と消費は、密接な関係があるそうです。

とあるデータによると、7月~9月の平均気温が1度上昇すれば、数千億円もの

経済効果があると言われているそうです。

その代表例がアイス業界。

普通に考えて、暑ければ、アイスの売上が上昇するだろうと思いますよね。

でも、意外にも、ソフトクリーム、アイスクリームといった“クリーム系アイス”業界の

人たちは、ガックリとうなだれているそうです。

実は、ソフトクリームが最も売れる気温28℃、アイスクリームのブレイクラインが

29℃だそうです。

もう、お分かりかと思いますが、猛暑で35度を超える日が続くと、販売現場でも

ほんの数分で溶けてトロトロになってしまいます。

そう、猛暑だと溶けてしまうんです。

クリーム系アイスは、“気温が高すぎる”と売れなくなってしまうらしいです。

確かに、溶けてベタベタになってしまい嫌だし、口の中も不快になるし、

ノドも渇いてまいますよ、クリーム系アイスは。

じゃ、猛暑にアイスは売れないのか。いえいえ、かき氷、シャリシャリ系アイスは

しっかり売れてます。

こちらは、暑ければ暑いほどバカ売れ状態だそうで、加えて街の製氷店も、かなり

儲かるらしいです。

今年の夏は、ガリガリ君はバカ売れだけど、ハーゲンダッツはそれほどでもないって

なりそうですね。

【参考記事】
猛暑になるとアイスクリームが売れないってホント? (週プレNEWS) – Yahoo!ニュース

 

 

— PR —









 

コメントを残す

サブコンテンツ

出会いを求めるならここ!

このページの先頭へ