プレミアムフライデー、今回は不発。

2月24日に始まったプレミアムフライデーですが、

実際当日にイベントなどを楽しんだ人はわずか

5.0%でした。

プレ金、実際どうだった? 経産省の目論見外れる皮肉な結果に「自分には関係ない」 (SankeiBiz) – Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-00000500-fsi-bus_all

 

プレミアムフライデーを「知っている」と答えた

人は88.8%と性別・年代問わず高い数字で

した。

認知度はとても高かったです。

でも、当日の予定を聞いた質問(複数回答)では

「特に何もしなかった」が43.9%でトップ。

次いで「仕事」が35.0%。

当日にキャンペーンやイベントを楽しんだ人は

わずか5.0%でした。

結局、今回は、大勢の人が仕事から解放される

こともできなかったと言う皮肉な結果となりました。

ま~、当然の結果です。

おでんの職場では、プレミアムフライデーの話し

すら出ませんでした。

法的拘束力もないプレミアムフライデー。

多くの企業が当分やらないと思いますよ。

お役所や政治家は、こんなくだらないことを考える

暇があったら、「働き方改革」を本気で考えて

欲しいですよ。

下記の記事を読んで、おでんも記事を書いた人と

同じように思いました。

残業時間の上限規制~問われる政府の<本気度>(佐々木亮) – 個人 – Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/byline/sasakiryo/20170306-00068417/

労働時間を減らす、残業時間を減らすとか言って

ませんでしたっけ?

繁忙期の残業時間は100時間!

100時間って、過労死基準ですよね。

なんかおかしな話になってます。

 

今の日本は、給与は時間給。

これが無くならない限り、労働時間の問題、残業

時間の問題は無くならないでしょうね。

単純に労働時間を減らして、収入が減っては

意味がないです。

 

この問題は、まだまだ時間がかかりそうです。

 

— PR —

 

コメントを残す

サブコンテンツ

出会いを求めるならここ!

このページの先頭へ