「Acrobat DC」「Acrobat Reader DC」のアップデート版が公開されました。

米Adobe Systems Incorporatedは

「Adobe Acrobat DC」および

「Adobe Acrobat Reader DC」の最新版を

公開しました。

今回の更新は、新機能やセキュリティの強化、

既存機能の拡張、不具合の修正などを含んだ

定例アップデートとなっています。

マルチモニター環境での

スケーリングが改善されたとのこと。

所謂“Per-Monitor DPI Aware”がサポートされ、

スケーリング設定の異なるモニター間を移動させた

場合に、ウィンドウがモニターのスケーリング設定

に応じて拡大・縮小されるようになったとのこと。

他にも、有償版の「Adobe Acrobat DC」を中心に

多くの機能追加や改善が施されているようです。

また、本バージョンでは脆弱性の修正も行われて

います。

同社が公開したセキュリティ情報(APSB17-24)に

よると、今回のアップデートで修正された脆弱性は

CVE番号ベースで67件。

Windows版およびMac版に影響します。

深刻度の内訳は、“Critical”が43件、

“Important”が24件だそうです。

詳細は、窓の杜で確認してください。
↓↓↓↓↓
Adobe、「Acrobat DC」「Acrobat Reader DC」の定例セキュリティ更新をリリース – 窓の杜
http://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1075044.html

 

「Acrobat DC」「Acrobat Reader DC」を使用して

いる方は、早急にアップデートしましょう。

おでんは「Acrobat Reader DC」を使用してるので、

早速アップデートしました。

Acrobat Reader DC v2017.012.20093_画像01

 

 

— PR —









 

コメントを残す

サブコンテンツ

出会いを求めるならここ!

このページの先頭へ