ソニーがPC事業の譲渡

 

ご存知かと思いますが、ソニーがPC事業を日本産業パートナーズ株式会社へ

売却することで合意しました。

NECはレノボと共同、東芝やPanasonicはノートのみで、フルラインナップを

製造販売するは富士通のみとなりました。

あ、EPSONがPCを販売してますが、通販のみなので、量販店で販売している

ってことでは、富士通のみになります。

なんか寂しいですね~~(:_;)

ソニー、PC事業の譲渡で合意 ~譲渡先の日本産業パートナーズが設立する新会社でVAIOブランドを継続 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140206_634170.html

 

で、PC Watchで興味深い記事を見つけました。

【笠原一輝のユビキタス情報局】ソニーがMicrosoftとIntelに突きつけたレッドカード – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/ubiq/20140210_634526.html

記事によると

「ソニーがPC事業をファンドが設立する新会社に譲渡し、PCビジネスからは撤退すると

いうニュースだ。コンシューマ向けのモバイル機器でソニーが残すことを決定したのは、

子会社のソニーモバイルで展開しているスマートフォンやタブレットといった事業で、

外形的に見ればソニーは Google+Qualcommという組み合わせの事業を残し、

Microsoft+Intelの組み合わせの事業を捨てた形になる。つまり、 MicrosoftとIntelと

いうPC業界のリーダー2社は、ソニーにレッドカードを突きつけられた格好だ。」

と書いてありました。

う~む、確かにそうとれますよね。

MicrosoftとIntel、WinTelと言われたPCの2台巨頭に暗雲立ち込めるでしょうか?

大変興味深い記事なので読んでみてください。

 

日本メーカーの家電、PC、携帯、スマホどうなるのでしょうか??

 

 

— PR —————————————————————————————
卓球の全日本選手が知っていて、一般の人が知らないこととは?
↓↓↓↓↓
卓球 遊澤 亮 驚異の卓球上達法

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

出会いを求めるならここ!

このページの先頭へ