「Firefox」でアドオンやテーマが利用不能になる問題が発生!

今日(2019年5月4日)、突然Firefoxから「拡張機能が旧型式の為無効にした」とのメッセージが出力されました。確かにテーマやアドオンのアイコンがなくなっていました。
アドオンの管理画面に行くとなんとインストールしているアドオンやテーマが殆ど無効になっているではないですか!

FireFox_アドオン無効_画像01

え、なんで??
さっきまで問題なく使えていたのに急にです。

ネットで調べたら窓の杜に記事がありました。
↓↓↓
「Firefox」でインストール済みアドオンが利用不能になる問題が発生中 | 窓の杜
forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1182954.html

記事によると、問題の原因は、アドオンの署名に利用されている中間CA証明書の有効期限が切れたためとのこと。「Firefox」にインストールされているアドオンが「旧式の拡張機能」扱いされ利用不能になる、また利用できなくなったアドオンを一旦アンインストールし、再インストールをすると「ダウンロードに失敗しました。接続状況を確認してください。」や「このアドオンは壊れているため、インストールできませんでした。」といったエラーメッセージが表示されるとのことです。
確かにテーマを削除して、アドオンサイトからインストールしようとしたら「ダウンロードに失敗しました。接続状況を確認してください。」(英語でした)ってメッセージが出てました。

ま~、証明書が更新されれば問題は解決すると思い待つことに。
で、さっき上記の窓の杜の記事に追記があり、この問題に関する修正プログラムの提供を開始したとのこと。自動で更新されるようですが、一つ注意が必要です。
オプション画面の[プライバシーとセキュリティ]-[Firefox のデータ収集と利用について]セクションにある[Firefox に調査のインストールと実行を許可する]というオプションを有効化しておくと、問題を早期に解決できるようです。

FireFox_アドオン無効_画像02

おでんは無効にしてたので有効にしました。直ぐにこの問題を解決したいですから。
で、再起動したら無事アドオンとテーマが使用出来るようになりました。
ふ~、よかったです(#^^#)

 

— PR —







 

コメントを残す

サブコンテンツ

出会いを求めるならここ!

このページの先頭へ