自宅サーバの内蔵LANが壊れた!

 

以前から、調子が悪かった自宅サーバのLANカード(マザボ内臓)。

6月に入って、しょっちゅうネットワークが切れる、サーバにアクセス

出来な現象が発生してました。

ログをみるとLink Downと言う文字がたくさん出てきます。

また、サーバにつながらない時、状態LEDを見てみるとLEDがついてない

んです。

これでは、安定したサーバの運用は出来ません。

なので、PCIもしくはPCI Expressを購入することにしました。

で、色々調べたんですが、PCI ExpressのLANカードはPCIよりも高い。

なので、PCIのLANカードにすることに。

バッファーローなのどのLANカードは1500円くらいで安いのですが、評判が良い

Intel製のLANカードをターゲットに。

で、決めて購入したのが、PRO/1000GT Desktop Adapter PWLA8391GT。

インテル PRO/1000GT Desktop Adapter PWLA8391GT

インテル PRO/1000GT Desktop Adapter PWLA8391GT
価格:3,542円(税込、送料別)

 

商品到着後、すぐにサーバに設置し、Linux(CentOS 7)の設定をしました。

まず、マザボのLANカードをdisableにしました。

で、新しいLANカードの追加をします。

CentOS 7では、これまでのLANカードの設定ファイルの命名規約異なっています。

詳細はここに説明してあります。
↓↓↓↓↓
CentOS 7のネットワーク管理基礎(前編) | Think IT(シンクイット)
http://thinkit.co.jp/story/2014/12/25/5412

 

CentOS 7では、インタフェース(LANカード)の接続の追加と削除等は、

nmcliコマンドで行うことを推奨しています。

でも、これが面倒。

nmcliコマンドについての説明は、ここに詳書いてあります。
↓↓↓↓↓
CentOS 7のネットワーク管理基礎(前編) | Think IT(シンクイット)
http://thinkit.co.jp/story/2014/12/25/5412/page/0/1

 

そしたら、nmtuiコマンドと言うGUIで設定を行うコマンドがありました。

で、設定し、再起動しましたが、ネットワークにつながりません。

色々情報が不足してたようです。

さて、どうしようか。。。

LANカードの設定ファイルを直接修正することにしました。

LinuxのLANカードは「/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-xxx」に

定義されてます。

今回追加したLANカード情報は、私のサーバでは

「/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-enp2s6」

となってます(nmtuiコマンドで作成された)。

これを直接編集しました。

で、修正後、再起動し、無事ネットワークがつながりました。

今のところ、ネットワークが切れることない、安定稼働しています。

 

 

でもでも、ハードディスクのエラーが出てるんですよね~~。

WD Greenの2つのディスク。

ま~、このディスクはバックアップ用とPCのネットワークドライブ(samba)用

なので、仮に壊れても実害はないのですが。。。

ネットで調べても不明と言うか、色んなケースがあり、どれか分からないん

ですよ(>_<)

なんか、マザボとハードディスクの相性の問題のような気がします。

Linuxシステムがあるディスク(日立製)はエラー出てないんですよ。

ま、とりあえず使えてるのでこのまま放っておきます。

壊れたらディスク交換ってことで(#^^#)

 

— PR —————————————————————————————

sma x sma SWEETS -スマホカバー・ケースがたくさん-

利用満足度で選ばれてます。「ESET ファミリー セキュリティ」 公式サイト
利用満足度で選ばれてます。「ESET ファミリー セキュリティ」 公式サイト

 

コメントを残す

サブコンテンツ

出会いを求めるならここ!

このページの先頭へ