「Firefox 48」が公開されました!

「Firefox 48」が公開されました!

今回の「Firefox 48」の注目点は、“Electrolysis(e10s)”が導入されたことです。

“e10s”とは、これまで単一であった「Firefox」のプロセスをユーザーインターフェイスと

コンテンツで切り離すことで、アプリケーション全体の応答性改善を図る技術だそうです。

例えば一部のプロセスがフリーズしても、他の部分への影響を最小限に抑えることができる

とのこと。

ただ、現段階で“e10s”が利用可能になるのは全ユーザーの1%に留まるとのこと。

これは安定性を優先させるためで、問題がなければ徐々に“e10s”の利用を拡大させて

いく予定であるという。

自分が使用している「Firefox」で“e10s”が有効であるかどうかは、“about:support”画面で

確認できます。

ちなみにおでんの環境は、無効になってました。

about:support画面

 

他に改善された項目は以下の通りです。

・ロケーションバーのデザインが改善。

・アドオン画面(about:addons)の“アドオン入手”パネルのデザインが改善。

 

また、本バージョンでは23件の脆弱性が修正されています。

深刻度の内訳はMozillaの基準で4段階中最も高い“最高”が3件、2番目に高い“高”が7件、

3番目に高い“中”が11件、最も低い“低”が2件となっています。

 

詳細は、下記の記事を見て下さいね。

マルチプロセス技術“e10s”が導入された「Firefox 48」が正式版に – 窓の杜
http://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1013545.html

 

FireFoxを使っている人はアップデートしましょう!!

 

 

— PR —

利用満足度で選ばれてます。「ESET ファミリー セキュリティ」 公式サイト
利用満足度で選ばれてます。「ESET ファミリー セキュリティ」 公式サイト

コメントを残す

サブコンテンツ

出会いを求めるならここ!

このページの先頭へ