「Google Chrome 54」が公開されています。

Webブラウザー「Google Chrome」の最新安定版v54.0.2840が公開されて

います。

今回のバージョンで、“Custom Elements V1”や“BroadcastChannel”といった

新機能が搭載されています。

“Custom Elements V1”は、開発者が独自のHTMLタグを定義するための規格だ

そうです。

“div”や“span”タグにIDやクラスを設定してJavaScriptで操作する従来の方法に

比べ、タグの名前に意味を持たせて役割をわかりやすくできるほか、処理を

カプセル化することでメンテナンス性を高めることができるとのこと。

また、再利用が容易になるのもメリットだそうです。

“BroadcastChannel”はタブ間の通信を実現する規格。複数のタブを開いている

場合に、そのタブ同士で情報がやり取りできるようになるそうです。

ま~、使う側にはあまり関係ない機能かと思います。

その他、本バージョンから“YouTube”の埋め込みプレーヤーがFlash版だった

場合に、自動でHTML5版へ置き換えられるようになるとのこと。

これにより「Google Chrome」のパフォーマンスとセキュリティが改善される

書かれてます。

これは、良いかもです。

また、本バージョンでは21件の脆弱性が修正されています。

主な脆弱性の深刻度の内訳は、同社の基準で4段階中上から2番目の“High”が6件、

上から3番目の“Medium”が6件、最低の“Low”が1件などとなっています。

Google Chromeを使用している人はアップデートしましょう!

おでんはアップデートしましたよ(^^)/

<<参考記事>>
「Google Chrome 54」が正式版に。独自タグを定義する規格やタブ間通信規格をサポート – 窓の杜
http://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1024608.html

 

 

— PR —

利用満足度で選ばれてます。「ESET ファミリー セキュリティ」 公式サイト
利用満足度で選ばれてます。「ESET ファミリー セキュリティ」 公式サイト

コメントを残す

サブコンテンツ

出会いを求めるならここ!

このページの先頭へ