メールソフト「Thunderbird」がv45.5.0を公開

今回のアップデートは、不具合の修正がメインとなってます。

今のところ、脆弱性の修正はアナウンスされていないそうです。

本バージョンでは“Twitter”のクライアント機能がアップデートされ、先日実施された

ツイートの文字数規制緩和へ対応するための修正が盛り込まれているとのこと。

おでんは、Thunderbirdに“Twitter”のクライアント機能があるのをしりません

でした(^^ゞ

その他にも、宛先の入力補完の挙動が「Thunderbird 24」の古い仕様へ戻されました。

前バージョンまでの仕様では、ポップアップで選択されているアドレスを矢印キーで

変更しても宛先の入力欄は更新されないため、そのまま[Enter]キーや[Tab]キーで

フォーカスを移動させると選択の変更が入力欄に反映されず、誤った宛先へメールを

送信してしまう恐れがありました。

で、本バージョンではこの挙動が修正され、ポップアップでの選択変更が入力欄へ即座に

反映されるようになっている。

よかった~、なんかこの補完機能が変わって、使いづらいって思ってたんで!
詳細は、窓の杜で確認願います。

「Thunderbird」v45.5.0が公開、Twitterの文字数規制緩和に対応 – 窓の杜
http://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1031041.html

 

おでんは、早速更新しました!!

 

 

— PR —









 

コメントを残す

サブコンテンツ

出会いを求めるならここ!

このページの先頭へ