体罰ってどう思いますか?

 

教師の体罰問題。

なかなか難しく、根が深いっておでんは思います。

事件になった体罰は、体罰ではなく暴力です。

指導のための体罰ではなく、自分の怒りやストレスを生徒に暴力として、

吐き出しているとしか思えない内容でした。

先生の中には、愛をもって叩く、叩くと同時に自分も傷ついている先生が

沢山いると思います。

おでんが学生時代には、泣きながら、説教しながら叩いていた先生がいましたね。

とても印象に残ってます。

叩かれて痛かったけど、その涙と言葉で、本当に心配してくれてるんだって

思いました。

体罰が良いとは言いませんが、不要とも言いません。

説得、怒る(言葉)、叩くを上手く使って、学生は指導していった方が良いと

おでんは思います。

体罰処分を恐れて、先生が委縮する。

学生は、体罰処分を逆手になんかあったら「体罰だ」って騒ぎ、聞く耳持たなく

なったり、逆に挑発するのでないかと思います。

そのことが現実に起こっていると言う記事を見つけました。

【関西の議論】挑発する生徒たち、教師にシャドーボクシング、「殺す、来いや」、手を払えば「体罰!」…それでも体罰認定される恐れ、教師たちは沈黙する(1/3ページ) – MSN産経west
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140522/waf14052207000001-n1.htm

体罰と暴力の線引きは非常に難しいでが、このままではダメだと思います。

いくら言葉で説明、説得しても駄目な人っていますもんね。

なかなか難しい問題です。

 

— PR —————————————————————————————
卓球の全日本選手が知っていて、一般の人が知らないこととは?
↓↓↓↓↓
卓球 遊澤 亮 驚異の卓球上達法

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

出会いを求めるならここ!

このページの先頭へ