手帳型デザインスマホケース[板橋区立美術館コレクション]を紹介します。

手帳型デザインスマホケースの新しいデザインを紹介します。「板橋区立美術館コレクション」です。
商品コード「dy-itabi」。

 

板橋区立美術館について

板橋区立美術館は、昭和54年(1979年)5月20日東京都23区内初の区立美術館として開館。
エド狩野派を中心とした近世絵画、対象から昭和前期の前衛美術、また池袋アトリエ村や区内ゆかりの作家などの作品を収蔵しています。

板橋区立美術館_画像01

その板橋区立美術館の協力のもと数ある絵画コレクションから、数作品をピックアップし、スマホケースのデザインとして販売することになったのが本商品です。
手帳型ケースとガラスハイブリッドケースが販売されていますが、今回は手帳型ケースを紹介します。

手帳型デザインスマホケース[板橋区立美術館コレクション]の特徴

免許証やクレジットカードを収納できるスロット付きです。
内部ポケットに紙幣や名刺を入れることが出来ます。
スナップレスのマグネットハンドで力を使うことなく、スムーズに開閉することができます。
内側のケースはハードケースを採用。厚みを出さずにスッキリとした仕上がり。シンプルなのでコーディネイトの邪魔をしません。

この手帳型スマホケースはマグネットハンド(手帳を閉じるベルト)あり無しが選べます。詳細は商品ページで確認して下さい。

デザイン

デザインの種類は以下の通りです。

  • 8.狩野探雪/四季花鳥図屏風
  • 31.狩野栄信(伊川院) /花鳥図
  • 47a.酒井抱一/白梅鶯図
  • 47b.酒井抱一/紅葉鹿図
  • 53.河鍋暁斎/骸骨図
  • 59.山本光一/狐狸図
  • 88.春木南溟/牡丹ニ孔雀図
  • 94.柴田是真/猫鼠を覗う図

手帳型デザインケース_板橋区立美術館コレクション_画像01

手帳型デザインケース_板橋区立美術館コレクション_画像02

手帳型デザインケース_板橋区立美術館コレクション_画像03

手帳型デザインケース_板橋区立美術館コレクション_画像04

手帳型デザインケース_板橋区立美術館コレクション_画像05

手帳型デザインケース_板橋区立美術館コレクション_画像06

手帳型デザインケース_板橋区立美術館コレクション_画像07

手帳型デザインケース_板橋区立美術館コレクション_画像08

対応機種

多くの機種に対応していますので、詳細は商品ページを確認して下さい。

注意事項

手帳型デザインスマホケースに関する注意事項をまとめたページがあります。購入前に確認してください。
デザイン手帳型ケース商品について
www.rakuten.ne.jp/gold/kougalog/images/description/kuro_description.html

チェーンも一緒にいかがですか?

最後に

板橋区立美術館コレクションの日本画がとても美しいスマホケースとなっています。
日本画がお好きな方、和柄がお好きな方、日本美がお好きな方にお勧めのスマホケースです。

古い機種から新しい機種まで幅広く対応しています。
iPhone、Xperia、arrows、AQUOS、Galaxyやファーウエイ、ASUS等のSIMフリー端末などにも対応です。
詳細はこちら。
↓↓↓↓↓

 

ガラスハイブリッドスマホケース「板橋区立美術館コレクション」はこちら。
↓↓↓
takao-lucky.ddo.jp/smartphone/16806/

 

 

— PR —









 

コメントを残す

サブコンテンツ

出会いを求めるならここ!

このページの先頭へ