ランサムウェア「WannaCrypt」が世界で猛威をふるってます!

古いWindowsの脆弱性を悪用した

「WannaCrypt」(WannaCry、WannaCryptor)

と呼ばれるマルウェアが世界中で猛威をふるって

います。

「WannaCrypt」は、ファイル共有プロトコル

“SMB v1”の脆弱性(CVE-2017-0147)を悪用

したランサムウェアです。

週明け始業時、不審なメールに注意 ランサムウェア「WannaCrypt」世界で猛威、日本でも拡大のおそれ – BIGLOBEニュース
https://news.biglobe.ne.jp/it/0515/imn_170515_3323790663.html

Windowsを狙うランサムウェア「WannaCrypt」が世界で猛威 〜XPにもパッチが特例で提供 – 窓の杜
http://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1059494.html

 

みなさんの職場は大丈夫でしたか?

おでんの職場は、何もなかったです。

日本は、海外に比べてそんなに被害を受けてない

ようですね。

でも、油断は禁物です!!

ランサムウェアは、端末のファイルを暗号化し、

閲覧出来ない状態にします。

で、復号のために金銭を要求するというものです。

日本語のメッセージが表示されることも確認されて

いるので、今後、日本でも注意が必要です。

海外では、主に欧州やアジアの約100カ国で発生

していて、英国では、国営医療機関が機能を停止

するなど大きな被害が出ているそうです。

日本でも感染が確認されていて、14日までに大きな

被害の報告はないとのことです。

Microsoftは3月にこの攻撃に使われる脆弱性に対処

しています。

しかし、事が事だけに、既にサポート期間が終了

している「Windows XP」「Windows 8」

「Windows Server 2003」向けのパッチも公開

しています。

世界規模のランサムウェア攻撃でMicrosoftが異例の「Windows XP」パッチ公開 – ITmedia NEWS
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1705/14/news016.html

 

常日頃から、以下の事に注意を払ってくださいね。

  1. Windows Updateを確認する。
  2. ウイルス対策ソフトの定義ファイルを更新する。
  3. 不審なメールの添付ファイルの開封やリンクへのアクセスをしない。

上記を行えばウイルスに絶対感染しないって訳では

ありませんが、必要最低限のことです。

被害に遭わないためにも、行ってください。

 

あ、ブラウザーやFlashも確認して下さいね。

 

 

— PR —







 

コメントを残す

サブコンテンツ

出会いを求めるならここ!

このページの先頭へ