「Firefox v54.0」が公開されました!

「Firefox v54.0」が公開されました!

v54.0から、コンテンツのマルチプロセス化

(e10s-multi)が初めて有効化となりました。

ユーザーインターフェース部分とコンテンツ

部分を分けるだけでなく、それぞれの

コンテンツを表示するタブごとにプロセスを

分離することで、高速性と安定性のさらなる

向上が図られてます。

FireFoxでもタブごとにプロセスを分ける処理が

採用されました。

タブごとにプロセスを分けるってのはChromeで

採用されてます。

Chromeで多数のページをタブで開くと、どうも

メモリを沢山消費するって欠点があります。

その為、OSや他のアプリが遅くなるって現象が

発生してました。

Firefoxでは、コンテンツのマルチプロセス化を

図りつつも、コンテンツプロセスの数を最大4つに

絞ってるとのこと。

このことにより、タブを沢山開いてもメモリ消費量

を抑え、全体的なパフォーマンスを最大化している

とのこと。

他に、ダウンロードボタンとダウンロード

ステータスパネルの簡素化が施されてます。

なお、本バージョンでは24件の脆弱性が修正されて

います。

深刻度の内訳はMozillaの基準で4段階中最も高い

“最高”が3件、2番目に高い“高”が12件、

3番目に高い“中”が9件となっています。

詳細は、窓の杜で確認してください。
↓↓↓↓↓
コンテンツのマルチプロセス化を初めて導入した「Firefox 54」が正式版に – 窓の杜
http://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1065128.html

 

おでんは、早速アップデートしました。

使用した感じは、劇的に早くなったって感じはない

ですね~~。

この辺は、プラグインとかも影響してるのかもしれ

ません。

 

 

— PR —







 

コメントを残す

サブコンテンツ

出会いを求めるならここ!

このページの先頭へ