Windows 8.1でスタートボタンが復活?

2013年6月3日、TechEd North America 2013」のキーノートで、Windows 8の

改良版である「Windows 8.1」(開発コード名は「Windows Blue」)の新機能を

説明しました。

一番の話題は、「スタートボタン」が復活するかどうか?

で、実際には「スタートティップ(tip)」なるものが追加されたそうです。

これは、Windows 7以前のスタートボタンのように、「スタートメニュー」を開く

ためのボタンではないそうです。

既に現在のWindows 8においても、画面の左下隅にマウスポインターを移動すると、

スタート画面のサムネイルが表示され、これをクリックすることでスタート画面に

戻ることができます。

で、これがスタートティップで、それを「お馴染みのWindowsロゴマークに変更した」

のがWindows 8.1での改良だそうです。

このスタートティップは、デスクトップ画面では、タスクバーの左端に常に表示されて

いるそうです。

つまり、スタートボタンの代わりのボタンとして配置されるんですね。

これまでは、「チャーム(マウスポインターを画面の右上隅から下へと移動させると

表示される)」バーを表示させ、その真ん中にある「スタート」チャームを選ぶ、という

なんかめんどくさい操作を使ってスタート画面に戻っていました。

それが、Windows 8.1では、スタート画面に戻るボタンが明示的に存在するので、

より分かりやすく簡単になるとのこと。

また、スタート画面についても、タイルの並んだスタート画面ではなく、「アプリビュー」

と呼ぶアプリの一覧画面に変えることができるそうです。

そのように設定しておけば、左下隅にある“スタートティップ”をクリックするとアプリの

一覧が表示されるという意味で、従来のWindowsと近い操作感になるとのこと。

う~む、どうでしょうか?微妙ですね!

マイクロソフトは、どうしても新GUIを使わせたいみたいです。

PC、とくにディスクトップPCにタップ操作は、似合わないというかやりにくですよね。

それにシングルウインドは、仕事をするうえで使えません。マルチウインドウでないと

ダメです。

Appleでさえ、MacにiOSを搭載しなかったんですよ。

確か、日経パソコンのコラムにジョブズ氏がPCにタップは採用しない、なぜなら腕が

疲れて快適に操作できないって書いてあったのを思い出します。

スマートフォン&タブレット用のOSとPC用のOSを別にしたApple。

スマートフォン&タブレット用のOSとPC用のOSを一緒にしたMicroSoft。

どちらが受け入れられるのでしょうか?

おでんの周りでは、Windows 8の評判は良くないです。

おでんは、Appleの考え方に賛同します。

【参考記事】
ニュース – これがWindows 8.1の“スタートボタン”:ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130605/482243/?mln

Microsoft、「Windows 8.1」にスタートボタン“のようなもの”を追加:ニュース:PC Online
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20130531/1092483/

 

 

— PR —









 

コメントを残す

サブコンテンツ

出会いを求めるならここ!

このページの先頭へ