PCソフトの脆弱性をチェックしよう。

IT関連の特にセキュリティ関係の記事で「脆弱性」って言葉がよく出てきます。

脆弱性は、簡単に言うとソフトのバグ(ミス)のことです。

==> 脆弱性(ぜいじゃくせい)とは – コトバンク

 

この脆弱性をついて、悪い人がウイルスやPC乗っ取りなどを行うんです。

なので、ウイルスや乗っ取りの被害に合わないためには、自分が使うPCから脆弱性を

なくすことが重要です。

Windowsの脆弱性は、Windows Updateで自動で行ってくれます。

しかし、自分でインストールしたアプリなどは自動で更新したり、しなかったりします。

特に問題なのはadobeのFlash playerとAcrobat Readerです。

で、そんなソフトのバージョンをチェックしてくれるツールがあります。

ここです ==> 脆弱性対策情報共有フレームワーク – MyJVN

このサイトは、JPCERT コーディネーションセンター独立行政法人情報処理推進機構

共同で運営しています。

リンクをクリックしてもらうと分かりますが、ウイルス情報やセキュリティなどを扱って

いる団体です。

脆弱性対策情報共有フレームワーク – MyJVNをクリックすると下記のような画面に

なります。

WS000000

で、赤線で囲ったところをクリックします。次のようなウインドが開きますので「OK」を

押します。

WS000001

※実行には”JRE”が必要です。ダウンロード ==> http://java.com/ja/download/

しばらく待つと以下のウインドが開きます。

WS000002

上にある実行ボタンを押します。

実行結果が表示されます。

WS000003

私のPCは全て最新バージョンとなってます。

もし、古いバージョンがあったら、チェック結果に「最新ではない」との趣旨の

メッセージが表示されます。

その場合、右にある結果詳細の欄の「表示」ボタンを押すと、インストール方法とソフトの

ダウンロード先を教えてくれますので、その指示に従ってください。

 

自分で防衛することが、セキュリティ対策では大事です。

ウイルススキャンソフトを最新にする。

ウイルススキャンソフトのパターン定義ファイルを最新にする。

Windowsを最新にする。

ソフトを最新する。

とは言ったものの、最新にしたせいで、今まで動いていたソフトが動かなくなるってことが

あります。

最新にする場合は、バックアップを忘れずに!!

 

 

— PR —









 

コメントを残す

サブコンテンツ

出会いを求めるならここ!

このページの先頭へ