「Firefox v52.0」が公開されました!

「Firefox v52.0」が公開されました!

今回のバージョンで“WebAssembly”がサポート

されました。

一方で、「Adobe Flash Player」を除く

“Netscape Plugin API(NPAPI)”プラグインの

サポートが削除されました。

「Silverlight」、「Java」、「Acrobat」などの

プラグインは「Firefox」で利用できなくなります。

う~む、これはちょっと使いづらくなりますね。

Javaはいいとして、「Silverlight」、「Acrobat」が

使えないってのは。。。

試しに「Silverlight」、「Acrobat」を使っている

ページにアクセスしてみました。

PDFは別ページで表示されるから問題なし。

でも、「Silverlight」を使っているページは、以下の

ようなメッセージが出て、表示されませんでした。

使用しているサイトは「U-NEXT」です。

—————————————————-
お知らせ

現在、Firefoxの最新バージョンでは再生が

できません。

お手数ですが、Internet Explorerもしくは、

Google Chromeブラウザに切り替えて

ご利用ください。

(FAN100600001)

—————————————————-

Firefox v52.0_画像01

U-NEXTと言う動画再生サイトで、動画を再生

しようとしたら上記のメッセージが出ました。

良く確認したら、U-NEXTのページにお知らせ

がありました。

Firefox v52.0_画像02

メッセージにあるように、U-NEXTはIEが

Chromeで再生するしかないようですね( ;∀;)

ま~、その代わりと言っては何ですが、

“WebAssembly”をサポートするようになったん

ですね。

”WebAssembly”は、Webブラウザーで実行可能

なバイナリフォーマットのこと。

Microsoft、Google、Mozilla、Appleなどが共同で

開発に取り組んでいるWeb標準規格で、特定の

プラグインを利用することなくプログラムを

ネイティブ実行することが可能となります。

将来的には、さまざまなアプリケーションやゲーム

をブラウザー上で、安全かつ高速に、どこでも

楽しめるようになるとのこと。

ただし、”WebAssembly”に対応したページは殆ど

ありません。

なので、今のところ”WebAssembly”の恩恵を受ける

ことはないです。

逆に、FireFoxは”NPAPI”を辞めて、”WebAssembly”

に対応したことで、楽しめるページが減ったのでは

と思うのはおでんだけでしょうか?

また、「Firefox」におけるWindows XP/Vistaの

サポートも本バージョンで打ち切られました。

延長サポート版「Firefox ESR」でのサポートは

継続される予定で、Windows XP/Vistaで「Firefox」

を利用している場合は自動で「Firefox ESR」へ移行

されるそうです。

なお、本バージョンでは28件の脆弱性が修正されて

います。

深刻度の内訳はMozillaの基準で4段階中最も高い

“最高”が7件、2番目に高い“高”が4件、3番目に

高い“中”が11件、最低の“低”が6件となっています。

今回のバージョンアップを行う、行わないは各人に

委ねます。

良く使うサイトが「Silverlight」、「Java」、

「Acrobat」を使ってたら、表示されません

から。。。

おでんはバージョンアップして、ブラウザーを使い

分ける予定

です。

詳細は、窓の杜で確認してください。

“WebAssembly”対応の「Firefox 52」が正式リリース ~NPAPIのサポートは終了 – 窓の杜
http://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1048320.html

 

 

— PR —







 

コメントを残す

サブコンテンツ

出会いを求めるならここ!

このページの先頭へ