「Google Chrome v58.0.3029.81」が公開されています。

Webブラウザー「Google Chrome」の最新

安定版v58.0.3029.81が公開されています。

今回、ローカルデータベースのための

標準API“Indexed DB 2.0”を新たに

サポートしました。

スキーマの管理がより柔軟に行えるように

なったほか、バイナリデータ型をインデックス

付きキーとして扱うバイナリキーがサポート

されるなどの機能の強化がなされました。

ちょっと良く分からに機能追加ですね~。

ユーザーにはあまり関係ない機能かもです。

また、“iframe”のナビゲーションも改善

されました。

広告などのコンテンツが自動的なリダイレクト

といった迷惑な振る舞いを行うのを抑制しながら、

ユーザーによる操作が行われたときはトップ

レベルのページをナビゲートできる機能を追加

したそうです。

おでんが仕事で使っているWEBアプリでiframe

の表示がされない現象が発生していましたが、

これで表示されるようになったのかな?

明日、確認してみますね。

上記以外にも、Android版でサポートが始まった

“プログレッシブウェブアプリ(PWA)”で

没入型のフルスクリーンがサポートされました。

ゲームアプリによくみられるような、Androidの

システムバーまで覆ったフルスクリーンモードを

Webアプリで実現できるようになったようです。

また、本バージョンでは29件の脆弱性修正も

行われています。

修正された脆弱性の深刻度の内訳は、Googleの

基準で4段階中上から2番目の“High”が3件、

上から3番目の“Medium”が8件、最低の“Low”

が1件となっています。

Google Chromeを使用している人は速やかに

アップデートしましょう!

詳細は窓の杜の記事を確認してください。
↓↓↓↓↓
「Google Chrome 57」に“Critical”な脆弱性 ~Googleが修正版をリリース – 窓の杜
http://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1052113.html

 

おでんは早速アップデートしましたよ(^^)/

 

 

— PR —







 

コメントを残す

サブコンテンツ

出会いを求めるならここ!

このページの先頭へ