「Google Chrome v56」が公開されています。

Webブラウザー「Google Chrome」の最新

安定版v56が公開されています。

今回のバージョンで、すべてのユーザーを対象と

したHTML5デフォルト化となりました。

今夏のバージョン以降、Webサイトでは初めて

訪問した際に「Adobe Flash Player」プラグイン

を実行するかどうかを問うプロンプトが表示され、

ユーザーが有効化する意思を表明しない限り

「Flash」コンテンツが自動で読み込まれなくなる

とのこと。

「Flash」を実行するかどうかは、Webサイト

単位でコントロール可能になりました。

う~む、Flashの終わりが近づいてますね。

また、安全でないログインページへの警告が表示

されるようになりました。

パスワードやクレジットカード情報を入力する

ページがHTTPS接続で表示されていない場合に、

アドレスバー左端に“保護されていません”という

メッセージが表示されるようになりました。

GoogleはいずれHTTP接続のページすべてを

“安全でない”サイトとして扱う方針で、今回の

施策はその第一歩と言えます。

本ブログもHTTPSにしなければいけませんね~~。

ほかにも、「Google Chrome 56」では新たに

“Web Bluetooth”APIがサポートされました。

CSSでは“position: sticky”がサポートされ、

スクロールしても画面の上辺や下辺に留まる

タイプの要素をJavaScriptなしで表現できる

ようになりました。

また、Android版ではVRデバイスとの入出力を行う

ための“WebVR API”が導入されてます。

なお、本バージョンでは51件の脆弱性修正も

行われています。

修正された脆弱性の深刻度は、Google社の基準で

4段階中上から2番目の“High”が7件、上から3番目の

“Medium”が8件、最低の“Low”が6件となってます。

Google Chromeを使用している人は速やかに

アップデートしましょう!

おでんはアップデートしましたよ(^^)/

詳細は窓の杜の記事を確認してください。
↓↓↓↓↓
「Google Chrome 56」が正式版に。HTML5デフォルト化がすべてのユーザーを対象に開始 – 窓の杜
http://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1040965.html

 

 

— PR —







 

コメントを残す

サブコンテンツ

出会いを求めるならここ!

このページの先頭へ