HuaweiのHiSuiteをインストールし、PCとhonor 8をつないでみた。

Huawei純正のデバイス管理ツール「HiSuite」なるものを見つけたので

インストールして、使ってみることにしました。

デバイス管理ツール「HiSuite」の機能

アプリケーションの管理
  • 閲覧、インストール、 アンインストールが出来る。
  • ワンクリックでアプリケーションのアップデートが出来る。
スクリーンショット
  • 使用しているPCから直接デバイス上のスクリーンショットが撮れる。
データバックアップと復元
  • 連絡先、メッセージ、アプリケーション、写真、動画、メール、及びその他などの重要な情報をPCへバックアップすることが出来る。
  • バックアップしたデータをデバイスに復元することが出来る。
ソフトウェア更新
  • 便利にシステムアップデートを確認、ダウンロード、インストールする事が出来る。
  • 定期的に最新のアップデートが来る。
連絡先の管理
  • 連絡先の追加、削除、編集が簡単に行えます。
  • 連絡先のインポート及びエクスポートに対応。
  • グループ別で連絡先を管理する事が出来る。
SMSの管理
  • 使用しているPCからメッセージの受送信及び管理が行える。
  • PCにお使いの携帯端末からメッセージをエクスポートする事が出来る。
  • 複数の受信者にメッセージを送る事が出来る。
写真の管理
  • 複数画像閲覧モード。
  • インポート/エクスポートする事が出来ます。
  • 壁紙の設定。
ビデオ
  • 複数動画閲覧モード。
  • インポート/エクスポートする事が出来る。

 

インストール

デバイス管理ツール「HiSuite」を下記のURLからダウンロード。
↓↓↓↓↓
HiSuite – Android Smart Device Manager – Huawei Device., Co Ltd..
http://www.huawei.com/minisite/hi-suite/index.html

デバイス管理ツール「HiSuite」ダウンロードサイト_画像

ダウンロードしたファイルは、RAR形式の圧縮ファイルになってます。

RAR形式に対応した解凍ソフトが必要です。

もし、解凍ソフトを持ってないなら「Lhaplus」が良いかと思います。

Lhaplus – 窓の杜ライブラリ
http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/lhaplus/

解凍したらexeファイル(2016/12/19時点のファイル名は

「HiSuite 5.0.0.301_OVE.exe」となってます)をダブルクリックします。

インストールが開始されるので、画面の案内に従って作業を進めて下さい。

デバイス管理ツール「HiSuite」インストール_画像

途中、バックアップ等のフォルダーを指定する画面になりますが、

とりあえず、表示されているフォルダーでOKです。

後で変更が可能です。

デバイス管理ツール「HiSuite」の起動及び設定

インストールが完了するとディスクトップに「HiSuite」のアイコンが

あると思います。

それをダブルクリックすると「HiSuite」が起動します。

デバイス管理ツール「HiSuite」起動_画像

 

この段階ではスマホhonor 8に接続出来てない状態になってます。

スマホとの接続の前に、「HiSuite」の設定を行っておきましょう。

画面右上にある設定のアイコンをクリックします。

デバイス管理ツール「HiSuite」設定_画像01

上記のようなプルダウンメニューがひょうじされるので「設定」を

クリックします。

デバイス管理ツール「HiSuite」設定_画像02

「一般」の項目では「起動設定」と「終了ボタンをクリック」の項目を

設定すれば良いと思います。

おでんは「端末接続時に起動」「終了」にしてます。

デバイス管理ツール「HiSuite」設定_画像03

「バックアップ」の項目では、スマホのバックアップ保存先のフォルダーを

指定します。

デフォルトで問題なければ設定しなくて問題ないです。

デバイス管理ツール「HiSuite」設定_画像04

「アプリマネージャ」の項目では、「ARKの関連付け」「インストール設定」を

行います。

が、ここはデフォルトでもOKかと。

アプリのインストールはGoogle Playからインストールした方が、ちょっと

安心です。

サイトからAPKファイルをダウンロードして、スマホにインストールするのは

ちょっと怖いですからね。

でも、まれにAPKからインストールってアプリがあるから困るんですよね~~。

デバイス管理ツール「HiSuite」設定_画像05

「スクリーンショット」の項目では、スクリーンショットの保存先フォルダーを

指定します。

デフォルトで問題なければ設定しなくて問題ないです。

これで「HiSuite」の設定はひとまず完了です。

「HiSuite」とスマホを接続

では、honor 8と「HiSuite」を接続しましょう。

まず、「HiSuite」を終了しておきます。

次にhonor 8で「設定」→「詳細設定」→「セキュリティ」をクリックします。

すると下記の画面になります。

デバイス管理ツール「HiSuite」設定_画像06

ここの「HiSuiteからHDBの使用を許可」をONにします。

デバイス管理ツール「HiSuite」設定_画像07

これでhonor 8側の設定は完了です。

次にhonor 8とPCをUSBケーブルで接続します。

で「HiSuite」を起動します。

無事接続です!

デバイス管理ツール「HiSuite」接続_画像

もし、接続されてないなら、右上の「クリックして接続」をクリックして

みて下さい。

バックアップの実行

「HiSuite」のホーム画面の下の方にある「バックアップ」をクリックします。

デバイス管理ツール「HiSuite」バックアップ_画像01

honor 8のデータを取得中の画面。

デバイス管理ツール「HiSuite」バックアップ_画像02

データの取得が完了したら、バックアップするデータを選択します。

全部の場合、右上にある「全選択」をクリックします。

デバイス管理ツール「HiSuite」バックアップ_画像03

「バックアップ」ボタンをクリックします。

デバイス管理ツール「HiSuite」バックアップ_画像04

バックアップファイルを暗号化する時は、パスワードを入力し、「OK」

ボタンを押します。

暗号化しない時は、「スキップ」ボタンを押します。

デバイス管理ツール「HiSuite」バックアップ_画像05

バックアップ実行中!

デバイス管理ツール「HiSuite」バックアップ_画像06

バックアップ完了!

デバイス管理ツール「HiSuite」バックアップ_画像07

「完了」ボタンを押して、バックアップを終了します。

honor 8のデータがPCにバックアップされました。

デバイス管理ツール「HiSuite」バックアップ_画像08

 

今日は、ここまでにします。

次回は写真の管理について書きたいと思います。

 

デバイス管理ツール「HiSuite」でhonor 8のバックアップを簡単にPCに

保存できるようになりました。

これは、非常にありがたいです。

これで、honro 8のバックアップ以下の3つに保存できるようになりました。

honor 8のバックアップ体制は完璧だとおでんは思います。

 

 

— PR —









 

コメントを残す

サブコンテンツ

出会いを求めるならここ!

このページの先頭へ