2019年世界卓球選手権大会ブダペスト大会(個人戦)閉幕!

ついこの間開幕って記事を書いたと思ったら、もう閉幕です。
おでんは仕事が忙しく、じっくりTVで観戦できませんでした(;O;)

今回、日本勢の活躍が期待されましたが、いまいちだったですね。
特にシングルス。男子張本選手、女子伊藤選手はメダルの期待がかかってましたが、張本選手は4回戦、伊藤選手は3回戦で、韓国、中国の選手に負けてしまいました。それも同年代の相手にです。張本選手を破った韓国の安宰賢選手は19歳。ランク的には100位台ですが、今大会は絶好調でした。結局、準決勝まで進み見事銅メダルを獲得。安宰賢選手は日本の強力なライバルになりそうです。
他の日本選手も勝ちあがれませんでした。張本、伊藤、平野の台上での高速卓球が慣れられた、研究されて対応されているのかなっておでんは思いました。日本選手の更なる飛躍のためには、技術、戦術、メンタルに加え、体(体幹や筋力)を鍛える必要があるかと。フォワーの強化、後ろに下げられた時の対応など、やはり世界の頂点に立つには総合的に優れてなければなれないなって馬龍選手を見て思いました。

男子シングルスは、張本選手以外にも世界ランク上位の選手が途中で敗れる波乱がありましたね。中国の樊振東選手と許昕選手。ボル選手は発熱で棄権してたし。
若手が出てきたなって印象でした。

今回、スウェーデンのファルク選手が男子シングルスで決勝に進みました。なんと16年ぶりに中国選手以外が決勝に進んだとのことです。ワルドナーやパーソンが居たころのスウェーデンは強かったんですよ。そのスウェーデンが復活してきました。日本は要注意かと思います。

シングルスでは結果を残せませんでしたが、混合ダブルスと女子ダブルスは銀メダルを獲得しました。吉村・石川ペア、伊藤・早田ペアです。
そうそう、女子ダブルスで佐藤・橋本のカットマンペアが銅メダルをとったのは大変嬉しかったです。伊藤・早田ペアとの準決勝も良い試合してました。カットマン受難の時代と言われる現在。カットマンのおでんとしては、カットマンが活躍してくれると非常に嬉しいです。佐藤、橋本両選手を応援します。頑張れ!
男子にも強いカットマンが表れてくれることを願ってます。

今大会も結局、中国の強さを再認識させられた大会になりましたね。全種目中国が優勝ですから。これまで中国は混合ダブルスには力をいれてきませんでした。なぜなら、オリンピックになかったから。でも、東京オリンピックで混合ダブルスが正式種目になり、本腰を入れ始め、早速今大会で結果を残してます。さすがです。
日本は東京オリンピックまで、どのような強化をするのか。今のままでは、中国には到底及びません。韓国、香港、台湾等のアジア勢、ドイツ、スウェーデンなどのヨーロッパ勢にも後れを取らないようにして欲しいです。

頑張れ日本卓球!!

2019世界卓球選手権大会ブダペスト大会(個人戦)
www.jtta.or.jp/tournament/tabid/125/rptid/468/Default.aspx

世界卓球 | 卓球レポート
www.butterfly.co.jp/takurepo/tournament/international/wttc/

 

 

p.s.

小郡クラブ(卓球)では、一緒にプレーする仲間を募集しています。
詳細は、小郡市卓球連盟のHPを見て下さいね。

小郡市卓球連盟
www.ogoritakkyu.com/

質問等がありましたら、おでんにメール下さいね。

おでんにメール! | おでんの戯言
takao-lucky.ddo.jp/mailtooden/

よろしくお願いします<(_ _)>

 

— オススメ —

 

 

— PR —







 

コメントを残す

サブコンテンツ

出会いを求めるならここ!

このページの先頭へ