世界卓球2012ドルトムント 男女とも中国が優勝。

ちょっと遅くなりましたが、世界卓球2012ドルトムント 男女とも中国の優勝で

幕を閉じました。

日本は、男子が準決勝でドイツに、女子は準々決勝で韓国に負けてしまいました。

男子は、ドイツの壁をなかなか越えられないですね。

そのドイツを決勝で破った中国。上手さとパワーを兼ね備えた選手ばかり!!

強いはずです。

ドイツも中国にはストレート負け。

女子は、前回優勝のシンガポールを、こちらも圧倒的な強さを見せつけ、中国が

ストレート勝ち。

なんで、こんなに卓球は中国が強いんでしょう?

人の数の差もあるのでしょうか?現に中国では、仮想●●選手ってのがいて、練習

してるそうです。

その仮想選手が他国にいってエースで活躍。それだけ、中国と世界の差があるってこと

ですね。

 

日本も20数年前は、卓球王国でした。私が中1の時に、小野誠治さんが世界チャンピオンに

なって以来、日本から世界チャンピオンは出ていません。

もちろん、団体もです。

日本も強化プログラムを組み、今の主力である水谷や岸川、福原、石川が育ちました。

でも、世界で優勝するまではいってないんです。中国と何が違うのか??

どの国が中国牙城を崩すのか!

日本であってほしいです(^^)

 

【関連記事】

男子団体。圧倒的な強さで中国が6連覇を飾る|卓球レポート公式サイト
http://takurepo.com/championship/2012/04/000749.html

女子団体。リベンジを果たした中国だが、全く盛り上がらず……|卓球レポート公式サイト
http://takurepo.com/championship/2012/04/000748.html

 

 

— PR —

利用満足度で選ばれてます。「ESET ファミリー セキュリティ」 公式サイト
利用満足度で選ばれてます。「ESET ファミリー セキュリティ」 公式サイト

コメントを残す

サブコンテンツ

出会いを求めるならここ!

このページの先頭へ