CPUに脆弱性が発覚!Windows向けのセキュリティパッチが緊急公開!

コンピュータの頭脳であるCPUに脆弱性が

見つかりました。

“投機的実行”機能を備えるCPUに脆弱性、Windows向けのセキュリティパッチが緊急公開 – 窓の杜
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1099690.html

Googleの“Project Zero”が公表したCPUの脆弱性

のようです。

脆弱性は“Meltdown(CVE-2017-5754)”

“Spectre(CVE-2017-5753、

CVE-2017-5715)”と呼ばれていて、

CPUの“投機的実行”機能に起因するそうです。

ん?投機的実行って何だ?

詳細は上記の窓の杜の記事の説明を見て下さい。

ま~、簡単に言うとCPUを高速化する手法です。

そこに脆弱性のバクがあるとの事みたいです。

で、本来の対策としてはハードの交換ってこと

になるようですが、今回マイクロソフトが公開

した修正プログラムの導入により攻撃のリスクを

低減させることはできるようです。

Windowsでは以下のセキュリティ更新プログラム

が公開されていて、現在“Windows Update”など

から入手出来ます。

 

ただ、上記の更新プログラムは一部のウイルス対策

ソフトと互換性がないとのこと。

最悪、ブルースクリーン(BSoD)エラーが発生し、

Windowsが起動できなくなる恐れがある。

Windows Updateで更新プログラムが表示されて

ない時は、互換性が確認されていない可能性ありです。

適用は控えた方が良いとのことです。

ちなみにおでんのPCはWindows Updateで表示され

適用しました。

今のところ問題ないです。

また、FireFoxやChromeもこのCPUの脆弱性対応の

バージョンを公開しているようです。

(別の機会に紹介したいと思います)

 

 

— PR —









 

コメントを残す

サブコンテンツ

出会いを求めるならここ!

このページの先頭へ