「Google Chrome v60.0.3112.78」が公開されています。

Webブラウザー「Google Chrome」の最新

安定版v60.0.3112.78が公開されています。

今回のバージョンで開発者がWebページを

チューニングするのに有用な

“Paint Timing API”や

“CSS font-display”が新たにサポート

されました。

その他、資格情報(ログイン情報)を管理する

“Credential Management API”が改善され

ました。

オンラインでの支払いをサポートする

“Payment Request API”がデスクトップ

バージョンでもサポートされました。

また、“デベロッパー ツール(検証機能)”が

大幅に改良されたようです。

詳細は窓の杜の記事を確認してください。
↓↓↓↓↓
「Google Chrome」安定版がv60に到達 ~デベロッパー ツールなど開発者向け機能を強化 – 窓の杜
http://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1072513.html

今回のバージョンアップの機能は、一般ユーザ

には分かりづらいと言うか、難しいと言うか。。

おでんもちょっとわからないです(”◇”)ゞ

今回は、開発者向けの機能がメインのようなので

一般ユーザはあまり気にすることはないかと思い

ます。

それより、本バージョンでは40件の脆弱性修正に

注目した方が良いです。

修正された脆弱性の深刻度の内訳は、Google社の

基準で4段階中上から2番目の“High”が9件、

上から3番目の“Medium”が7件、最低の“Low”が

5件となってます。

Chromeを使用している人は早急にアップデート

しましょう!

おでんのは早速アップデートしましたよ(^^)/

 

 

— PR —









 

コメントを残す

サブコンテンツ

出会いを求めるならここ!

このページの先頭へ