Windows 8.1が10月18日にリリース

Windows 8.1が10月18日にリリースされます。

ニュージーランドの現地時間10月18日午前0時にリリースされ、そこから順に世界中

で提供開始されるそうです。

Windows 8.1で、Start画面を経ずに直接デスクトップを表示する、

「Boot to Desktop」オプションが提供されるそうです。

Windows 8の初期状態は、プログラムの関連付けがほとんど新GUI用のアプリに

なっているので、ディスクトップにしてもファイルをダブルクリックすると新GUIに

戻るんですよね~~。

例えばPDF。Acrobat reader(ディスクトップ版)をインストールしても、

関連付けを変更しないとWindows 8の標準のPDFビュアー(新GUI版)が起動します。

Windowsに詳しくない人は、「???」って状態になると思います。

ディスクトップアプリがインストールする時、関連付けまで変更してくれればいい

のかな??

ま~、「Boot to Desktop」オプションは歓迎できる機能かと思います。

 

提供は、Microsoftの「Windows Store」から無償アップデートとしてWindows 8.1を

ダウンロードおよびインストールできるようになるとのことです。

 

さて、Windows 8.1の提供で、Windows 8が普及するでしょうか?

おでんが勤めている大学のPCがWindows XPなんで、PCのリプレースを計画して

いますが、OSはWindows 7 Pro(64ビット)にする予定です。

だって、Windows 8にすると、教職員に操作の仕方を教育しなくてはなりません。

その手間を省くためにWindows 7にしました(^^)

 

 

— PR —









 

コメントを残す

サブコンテンツ

出会いを求めるならここ!

このページの先頭へ